ryoのぼやき

技術についての学習内容のまとめです。

2020年振り返り

はじめに

いろいろな人に振り返り記事を見て、自分も1年の区切りとして2020年の振り返りをしてみました。 仕事、プライベートのそれぞれについて、技術に関連する部分を中心に振り返っていきます。

2020年振り返り

仕事

仕事では、チームが変わったこともあり使用する技術スタックも少し変わりました。 2019年は Java を主に使っていて、フロントエンドは jQuery が主でしたが、 サーバーサイドは、Kotlinと TypeScriptを、フロントエンドは Vue.js をフレームワークとして使うようになりました。 また、これまで使うことがなかった Spring FW を使うようになり、これまでなんとなくで理解していた DI の概念などを改めてきちんと理解するきっかけとなりました。 フロントエンドは趣味で触り始めていた Vue を業務でも使うようになり、コンポーネントベースで書くフロントエンドのコーディングの楽しさを覚えつつも、 1000行以上のVue ファイルを目の当たりにするなど、複雑化や肥大化することのつらみを知りました。 他には、1年通してマイナンバーに関連する機能設計を行ない、法律や制度が絡む機能の設計の難しさに悪戦苦闘したりもしてました。 とはいえ、2020年は2019年までと比べて業務の中で新しい技術への出会いが多い年になり充実した仕事を多くできた気がします。 振り返ってみると、チームの異動をしたことが、自分にとってかなりプラスになったなぁと思います。

プライベート

OSS

ちょうど今年の初めに、今年はOSS活動をしてみたいと考えて、目標の1つとしていました。 Vue を学び始めた頃でもあったから、Vue関連のライブラリとかで貢献できたらいいな、なんてことを思ってた気がします。 ちょうど仕事では Vue のコンポーネントライブラリである Vuetify を使っていたので、Vuetify のissue に目を通してみたら自分でも直せそうな BugFix の Issue があったので、トライしてみました。それが自分にとって初めての OSS活動となりました。 とても小さな修正でしたが普段使ってるライブラリに自分のコードがマージされる喜びを知り、OSS活動に対する敷居が少し下がったので、挑戦してみて良かったと思ってます。 そこから、Vuetify や、同じくVue のコンポーネントライブラリである Buefy で自分でもできそうな Bugfix や Feature のIssue をいくつか見つけて対応したりしました。 また、ちょうど JavaScript を改めて体系的に勉強しようと JavaScript Primer のWeb版を読んでいたときに、画面右下にあるIssue報告用のボタンのデザインを少し変えたらちょっとだけ見やすくなるかななんてと思って、Issue を挙げてみたら受け入れてもらえたので、そのまま提案した内容を実装をして、ここでも簡単な機能追加?を経験することができました。

JavaScript Primer - 迷わないための入門書 #jsprimer

コード以外の部分だと、今年は Vue3 がリリースされて、それに合わせて翻訳プロジェクトが立ち上がっていたので、それにも参加することができました。翻訳プロジェクトでは、結構な数のページに対して、ページごとに翻訳の Issue 作られていました。でしたが、多くの人が手をあげていて、あっというまに全ての担当者が埋まっていくのをみて、Vue のコミュニティがとても賑わっていることを改めて強く感じました。 また、この翻訳の際に、アクセシビリティ関連のページを担当したことで、これまでよく理解していなかったアクセシビリティに大して興味を持つことができました。

その他

コロナの影響でほとんどの勉強会がオンライン開催になったこともあり、多くの勉強会に参加することができました。 フロントエンド関連のものに多く参加しましたが、フロントエンドの開発に興味を持ち始めていた一方で、 他の会社フロントエンドのレベルの高さや、フロントエンドエンジニア として働いている人たちの知識の多さを実感しました。 そんなこともあり、フロントエンドの領域でもっと開発していきたいと感じるようになって転職活動をしたりもしました。 カジュアル面談を何社かしていただいて、その中で1社だけ面接を受け、ありがたいことに内定をいただくことができたので、来年の2月からはフロントエンドにより特化して働くことができそうです。

おわりに

あんまり色々できなかったなと思っていたのですが、 去年の自分が今の自分を見たら、それなりに満足しそうだなとも思えるので、 意外と奮闘できた2020年だったのかもしれません。 来年も、今の自分が満足できる年になるように頑張りたいところです。